第1回 スケッチしナイト☆ 開催しました!

夜間開館のスペシャル企画
スケッチしナイトの第1回目が、
5月27日(土)に開催されました!

普段は展示室内のスケッチ禁止しているので、

堂々とスケッチできるのは、この企画のときだけなのです。

 

大日如来坐像

今回のスケッチ対象作品は、

「再現文化財 国宝 円成寺大日如来坐像」

 

スケッチの前に、担当研究員より解説がありました。

大日如来坐像解説

運慶作の大日如来坐像を、

同じ素材、同じ技法を使って

制作当初の姿に再現したものです。

作られた当時は全身が黄金に輝いていたんですね

見どころ(描きどころ?)を聞いた後は、

いよいよスケッチ開始です!

 

スケッチ風景

↑真剣にスケッチ中。

 

・・・1時間後。

 

参加者の素敵な作品をいくつかご紹介します!

 

ユカコさんの作品

↑ユカコさんの作品

 

ヨコヤマさんの作品

↑ヨコヤマさんの作品

 

フジコさんの作品

↑フジコさんの作品

 

参加者からは、

「1時間はあっという間でした」

「またぜひ開催してください!」

といった意見がありました。

 

次回は夏頃開催の予定です。

ぜひご参加ください!

 

投稿者 | 989edu |
きゅーはく女子考古部 第3期生始動!

きゅーはく女子考古部 第3期生活動スタートです!

こののぼりが目印♪

女子考古部 のぼり

 

初回はオリエンテーションですペコちゃん

まずは1期生・2期生の活動紹介と自己紹介!

↑じっくり聞き入る部員の皆さん

 

部員の中にはなんと、長崎県からお越しの方がちらほら・・・!

部への熱い思いを感じますきらきら

今回も小学生から大人まで、様々な女子が集まりました(^^♪

 

その後、当館科学課の職員による虫博物館の虫虫講座を開講。

博物館は文化財を害虫から守るため、いろいろな取り組みをしているのです!

女子考古部 虫

本物の虫虫が目の前に!興味しんしんです。

 

お昼をはさんで午後からは、九博バックヤード&文化交流展ツアーへ〜(^o^)/旗

女子考古部 階段

れっつごー!音符

 

女子考古部 3D

3Dプリンタで再現した文化財と記念撮影カメラ

女子考古部 エレベーター

大型エレベーターにみんなでin!

女子考古部 文化交流展

副顧問の解説で、東西の土偶の違いを学びましたはにわ

普段見られない博物館の姿に、みなさん大興奮の様子でした(*^^)v

 

さてさて、館内を一巡りしたあと、顧問の考古学入門講座古墳ののち、

女子考古部 顧問

これからの活動内容についての話し合いと、

女子考古部 話し合い

女子考古部 話し合い

部長・副部長の選出をしてもらいました!

立候補ありがとうございますきらきら

女子考古部 部長と副部長

 

これからやりたいこともたくさん出てきました!

3期生がどんな活動に取り組むのか、今から楽しみです★

 

\ 3月まで1年間、よろしくお願いしまーす♪ /

女子考古部 集合写真

 

投稿者 | 989edu |
“夜の博物館たんけん隊”を開催しました!

5月6日(土)に “夜の博物館たんけん隊”第1回目を開催しました


 


毎月第1土曜日の夜間開館の時に特別に行われるバックヤードツアーでは
普段はスタッフしか入ることのできない4F展示室の裏側を歩きます

 ※毎週日曜日にボランティアが案内するバックヤードツアー

    (免震層や収蔵庫、文化財保存修復施設の見学)とは別コースです。

 

 


展示課主任研究員の岸本さんを先頭に、いざ出発〜!



〜 その1:展示する 〜


まず最初に、展示で使われるケースの下を特別に開けて、その仕組みをご紹介


 

 

展示ケースの下には文化財に適した湿度を保つ調湿剤や、照明装置が入っています。
文化財の魅力を引き出すために、光の当て方や明るさを工夫しています



〜 その2:運ぶ 〜


つづいて、文化財専用の大型エレベーターに乗ってみましょう〜


 
 

高さ3.8m、奥行5mの巨大なエレベーターにもかかわらず、振動がほとんどなくとっても静か。合計5tまで積み込むことができます。
初めて乗ったお客さんたちもびっくり 歓声があがっていました



〜 その3:守る 〜

 

さて、館内のあちこちにあるこの箱は・・・いったい何だと思いますか


 


答えは、虫を観察するための粘着トラップなんです
これを月2回交換して虫を観察することで、
館内の環境を常にチェックしています

そして、扉の入口にはこんな仕掛けもあるんです


   


ドアの隙間にテープを貼って、外部から虫の進入を防いだり
粘着テープ付足用マットで、靴の裏のゴミを取ってくれるんですね

 

最後に、大切な文化財を守るためにこんな取り組みもしています

 

文化財害虫がついている可能性がある場合は、例えば窒素や二酸化炭素を入れて殺虫したり、マイナス30℃になる大型冷蔵庫に入れて処理したりと
地球にやさしく、しかもそれぞれの文化財に合った方法で対処しています

 

 


廊下もゴミひとつなく、いつも綺麗でピカピカです
紙類やダンボールは、虫のエサになる恐れがあるので、置いていません。

約1時間のツアーでしたが、終了後も参加者の皆さんは熱心に質問をしたり

展示ケースをじっくり覗いていました


次回のツアーは6月3日(土)です。みなさん、ぜひお越しください!

 
夜間開館関連イベントはこちら  
 http://www.kyuhaku.jp/yakan/index.html
 

 

 

投稿者 | 989tenji |
ページ: 1/284   >>