第5回 きゅーはく女子考古部 〜土器作り〜

今回のきゅーはく女子考古部の活動は「土器作り」です!動く埴輪動く埴輪動く埴輪

小郡市埋蔵文化財センターにおじゃましました。

なんと土器名人こと、熊本博物館の清田さんを講師に迎えての制作です。

まずは8月の活動で制作した古代衣装の貫頭衣を、エプロン代わりに着用!

さすがきゅーはく女子考古部!まるで私服のように着こなしています手矢印上

こちらの作品は清田さんの力作エクステンション

さすが土器名人エクステンション本物と見間違うほどの出来ですき

こんな物が作れると思うとわくわくがとまりませんきらきらkyu

清田さんの説明をきき、さっそく土器作りに取り掛かります。

「輪積み」という、粘土をひも状にして、それを積み上げていく手法です。

なかなか均等にひもを作るのも難しい・・・アセアセ

みなさん真剣そのものです。

土器を作り続けること約4時間!すばらしい作品が出来上がりました!

少しですが、紹介したいと思いますほっきらきら

じゃーん!きらきら

じゃーん!きらきら

こんなものまで!きらきら!

どの作品も沸きあがる古代への情熱がほとばしっています炎

土器が完成したら土笛作りに挑戦。土笛とは粘土で作られた卵の形をした楽器です。

「ホー」という気持ちの落ち着く音色が特徴ですニコッハート

作り方は土器班の方がレクチャーしてくれました。

なんとこの日のために、自分達で土笛の作り方を習得してきてくれました!!!!!!!!

 

各テーブルから「音が鳴った〜!!」「全然鳴らない〜!!」という声が聞こえてきます。

息を吹く角度で音が出たり出なかったりするのですが、後半はみなさんコツをつかみ、

きれいな音色を響かせていました★

出来上がったら乾燥させて、後日土器焼きも体験します!今から完成が待ち遠しいです音符

番外編としてお昼休みには食べられるどんぐり講座どんぐりも行われ、

今回も充実した活動となりましたエクステンションきらきら

次回は、吉野ケ里遺跡での活動の様子をお届けしますエクステンション

どうぞお楽しみに♪

投稿者 | 989edu |
なりきり考古学者体験スペシャル・バージョン!開催

なりきり考古学者体験スペシャル・バージョン!

を8月27日(土)に開催しました!


会場は4階文化交流展示室の中の

「考古学研究部 部室」です!


なりきり考古学者体験とは

考古学者のお仕事の一部を体験するワークショップです。


今回は「キャリパー」や「マコ」という

道具を使って資料の大きさやかたちを調べ、

実測図」という図を制作しました。


また、今回はスペシャル・バージョン!きということで、

当館職員のプロの考古学者

指導していただきましたきらきら


↑こちらの、ポーズが素敵な考古学者のお二人が
今回の先生ですハート


特別に実際に発掘現場で着ている作業服姿で
登場してくださいました!
ニコ
 

 

↑会場はこんな感じですエクステンション


普段のなりきり考古学者体験では

小さなうつわを実測するのですが、


今回はプロの考古学者指導のもと

本物の土器を使用することにびっくりびっくり


なんと弥生時代奈良時代の土器を

用意していただきました★


ここでちょっとだけ

体験の様子をご紹介します笑顔
 


↑まずは実際に実測する土器をえらびますきらきら

 みなさん真剣に土器をえらんでいますね!
 


↑次に三角定規などを使って、
土器の大きさをはかります。
 


↑こちらの写真は考古学者のお仕事道具の

 「マコ」を使っているところです。

 マコは土器の外側のかたちをはかる道具です。
 


↑こちらはキャリパーという道具です。  

 土器の厚さをはかります。
 

↑完成した実測図がこちらです拍手
 

とても本格的です!
 

 

中心より右が土器の断面図、

左側が土器の表面の図です。
 

 

参加者のみなさんは初めての体験でしたが、

とても集中して取り組んでくださり、

無事実測図を完成させることが出来ましたキラキラ
 

実測図が完成した後は、

考古学者と一緒に展示室を鑑賞キラキラ
 

 

展示物にまつわる

いろんなお話を聞くことができましたニコッ


次回のなりきり考古学者体験スペシャル・バージョン!は

明日917日(土)開催予定です。


参加は事前申し込み制で
すでに定員に達していますが

 

一般のお客さまは参加者の後ろで見学もできますので

興味のある方はぜひ足をお運びください!


お待ちしておりますニコッ

投稿者 | 989edu |
全国高等学校考古学フォーラム2016、開催!

2014年から太陽真夏のあっつーい太陽時期に開催しております「全国高等学校考古学フォーラム」。

今年も8月6日(土)に、当館ミュージアムホールで開催され、部活動などで考古学に取り組む高校生が、日頃の活動成果を発表しました。

 

発表のトップバッターは、埼玉県立伊奈学園総合高等学校・歴史研究会です。

発表内容は「さきたま古墳群出土の馬冑(ばちゅう)について」

戦国時代や幕末が好きな人が多い歴史研究会ですが、日本考古学協会が行った高校生ポスターセッションに参加してみよう!ということになり、新入生歓迎遺跡見学会ででかけた、さきたま古墳群を題材にすることにしたそうです。

朝鮮半島ではよくみられるけれど、日本での出土例が少ない馬冑(馬が身につけるかぶと)。

朝鮮半島から遠く離れた埼玉の豪族が、朝鮮半島の国々と交流を持っていたことを明らかにしました。

最近の出土例である福岡県古賀市船原古墳の馬冑も見学したそうで、机上の調べ物に終わっていないところがすばらしい。

トップバッターということで緊張気味でしたが、堂々とした発表でした。

 

 

続いては、岐阜県立関高等学校・SGH礼文島調査班「島嶼部(とうしょぶ)と内陸部の縄文時代遺跡の比較」について発表しました。

関高校はスーパーグローバルハイスクール(略してSGH)指定校で、国際社会で活躍できる人材育成に取り組んでいるそうです。

その取り組みの一環で、北海道礼文島で行われた国際発掘調査に参加したとのこと。

発掘調査に参加しただけではなく、「島」の遺跡である礼文島・浜中2遺跡と、「内陸」の遺跡である岐阜県・塚原遺跡を比較し、相違点はどこにあるのか、それは何に起因するのか、を明らかにしました。

浜中2遺跡からたくさんの剥片(石を割ってはぎ取った石片)が出土したことに注目し、自分たちでも作ってみたそうです。

さらには、使用前と使用後の違いを顕微鏡で観察するなど、実証的な研究でした。

 

3番目の発表は奈良県立橿原高等学校・考古学研究部による「謎の巨石 益田岩船にせまる」です。

この春入学してきたばかりの1年生5名による発表でした。

学校の近くにある「益田岩船」と呼ばれる謎の巨石は「横口式石槨」(古墳時代終末のお墓)であるという3年生の先輩たちの説を丁寧に検証し、疑問点が残ることを指摘しました。

この疑問点を解消できる答えを求め、先輩たちとは異なる「火葬墓」説を唱えました。

彼らの考え方の筋道がわかる、丁寧でわかりやすい発表でした。

さて、3年生の先輩たちと「論争」したのでしょうか。気になります。

 

最後の発表は福岡県立嘉穂高等学校・郷土部「資料台帳整理に関わる諸活動」です。

飯塚市内の遺跡の発掘調査で活躍した先輩方が残した考古資料と資料台帳。

資料室の引越しを契機に取り組み始めた、手書きの資料台帳のデジタルデータ化作業の状況を発表してくれました。

資料台帳は資料を管理する上で最も大切なものです。

嘉穂高校は「全国高等学校考古名品展」に所蔵資料を出品中ですが、台帳のおかげで、資料がどこの遺跡からいつ出土したものなのかを知ることが出来ました。

郷土部のみなさんも、デジタルデータ化を通じて、考古資料への興味と理解が深まったようでした。

 

 

各校発表が終わるごとに、「九博の印象」を尋ねてみました。

嘉穂高の1名を除く全員が「九博に来たのは初めて」ということでしたが、「建物が博物館っぽくない、個性的」、「文化交流展示がすごい」などの感想を述べてくれました。

ここで、どうしても紹介したいことがひとつ。

橿原高・考古学研究部のTシャツです。

胸のポケットから埴輪が顔を出しています。

今回のフォーラムのような「いざ!という時」に着る、勝負服Docomo108だそうです。

 

今回のフォーラムは、参加者の皆さんに考古学という学問の一端にふれていただこうということで、ワークショップの時間を設けました。

古代衣装体験と拓本体験の2メニュー。

昨年から活動開始した「きゅーはく女子考古部」の部員が応援にかけつけてくれました。

無事に発表を終えた高校生達も顧問の先生方も、楽しそうです。

ワークショップ後に、改めて発表の講評をいただきました。

伊奈学園総合高等学校、関高等学校、橿原高等学校の3校は、5月に行われた日本考古学協会のポスターセッションと同じテーマで本フォーラムに臨んだのですが、格段に内容が深まっていたという評価でした。

嘉穂高等学校は、その後考古学の道に進み、大活躍した先輩がたくさんいらっしゃいます。今後につないでいってほしいとの希望が述べられました。

 

最後に、記念撮影。カメラ

みなさん、また九博に来てくださいね!

 

真夏のトピック展示「全国高等学校 考古名品展 2016」は9月25日までエクステンション

4階文化交流展示室 第3室へお越しください。ニコッ

 

 

 

 

Check
投稿者 | 989tenji |
ページ: 1/270   >>