第4回きゅーはく女子考古部〜My貫頭衣作り〜

第4回の女子考古部活動は…

女子考古部 貫頭衣

女子考古部のユニフォーム、貫頭衣(かんとうい)作りです!

貫頭衣とは布に穴をあけて、そこに頭を通して着る古代の衣服のことです。

はたして、どんなオリジナル貫頭衣ができるのでしょうか?(^_^)

 

まずは、今井副顧問に『考古的文様講座』をしていただきました♪

縄文時代の火焔型土器、弥生時代の銅鐸、古墳時代の装飾古墳の壁画や銅鏡、飛鳥時代の軒丸瓦などなど…

古代の様々なものに用いられている文様を、教えていただきました。

女子考古部 貫頭衣

↑銅鐸に見られる文様を描いて説明する今井副顧問。

描いているのは、

わらび手文(わらびてもん。わらびみたいにグルグルしている文様)qp qp qp

鋸歯文(きょしもん。ノコギリの歯みたいにギザギザしている文様)VVVVV

女子考古部 貫頭衣

↑小澤副顧問も、参戦。銅鐸に描かれている人や動物をご紹介。

九州国立博物館文化交流展示室で行われている特集展示「国宝 銅鐸絵画」見ることができます。

9月2日(日)までです!

 

皆さん、どんな貫頭衣にするかデザインは決まったでしょうか?

女子考古部 貫頭衣

布を切ったら、さっそく制作スタート★

女子考古部 貫頭衣

小学生部員は、家でデザイン画を描いてきてくれました!準備万端ですね!

 

・・・・・・・・・・・・・・・

数時間後

・・・・・・・・・・・・・・・

女子考古部 貫頭衣

黙々と作る部員たち。

女子考古部 貫頭衣

自作の勾玉をとりつける!可愛いです。

女子考古部 貫頭衣

こちらは勾玉を描いてネックレスいらず!(^o^)

女子考古部 貫頭衣

ハニワを描くのは、女子考古部員ならではですね。

女子考古部 貫頭衣

お菓子の箱の厚紙を利用して、おしゃれな模様を描いています!

女子考古部 貫頭衣

女子考古部 貫頭衣衣

みなさんそれぞれ工夫されています!

・・・・・・・・・・・・・・

さらに数時間後

・・・・・・・・・・・・・・

女子考古部 貫頭衣

腰ひもの色を選んで…

女子考古部 貫頭衣

編みこんで…

女子考古部 貫頭衣

完成しました!

世界にひとつだけのオリジナル貫頭衣です☆彡

次回活動から、これがユニフォームになります。

 

9月からは、いよいよ部員さんの自主企画が始まります〜!

お楽しみに★

投稿者 | 989edu |
第3回きゅーはく女子考古部〜石包丁を作ってみよう!〜

女子考古部4期生の第3回の活動は

弥生時代の米作りには欠かせない石包丁づくり!

石包丁とは、稲から熟した稲穂を摘み取るときに使う磨製石器です。

水田稲作の方法が伝わったばかりの弥生時代では

さまざまな品種の稲が一緒くたに育てられていたため、

稲によって収穫時期が異なるということが起こりました。

そこで、熟した穂だけを選んで摘み取れるように石包丁を使ったのです。

 

まずは、文化交流展示室に展示されている石包丁を見てイメージを高めます。

ちなみに、展示室では「石包丁」ではなく、

より用途に沿った「石製穂摘具」という名前で展示されています。

弥生時代が専門の小澤副顧問に当時の暮らしについて話を聞き、

具体的に作り方を教わってから、レッツ制作!

 

 材料・道具 】

*************************

(輝緑凝灰岩=きりょくぎょうかいがん)

∧卻が尖ったかなづち  ブロック板 

研磨剤  砥石  

軍手  ゴーグル

*************************

 

活動に先立ち、材料である石を調達しました。

福岡県にある立岩遺跡では、加工がしやすい輝緑凝灰岩

たくさん入手できる環境だったことから、

石包丁の製作が行われていたのではないかと考えられています。

そこで!

立岩遺跡の近くの河原に今もその石があるとのことで、

拾いに行っちゃいました(^^♪

 

↑採集してきた石をうすく割ったもの。

これが今回の材料です。

 

まずは、この石の中から好きな大きさの石を選びます。

石を選ぶときのポイントは、思い描く完成形の大きさのものよりも、

少し大きめのものを選ぶこと!

作る過程で石を叩いたり研いだりするうちに、

小さくなってしまうからです。

選んだら、かなづちの平らな方で端を叩いて厚みや形をかまぼこ型に整えつつ、

紐を通すための穴をかなづちの尖った方を打ち付けて、少しずつあけていきます。

石包丁作りにはひたすら根気がいるということを、

ここで身をもって実感することになるのです…。

と、いいつつも、

穴が貫通するまではすごく時間がかかるので、ある程度頑張ったら

文明の利器(電動ドリル)も使用OK!(笑)

ただ、力の入れ具合や打ち所が悪くて割れてしまうことも…

とほほ(;O;)

それでもみなさん順調に貫通!

穴があくと、嬉しいですね\(^o^)/♪

 

続いては、石の厚みを5〜7mm程度になるまで

ブロック板+研磨剤+水で削ります!

↑中央の黒い砂のようなものが研磨剤。

本来は砂などを使ったと考えられています。

今回は市販の「金剛砂」を使いました。

↑目にも止まらぬ速さ!!!

子どもたちのエネルギーおそるべし。

最後に、目の細かい小さめの砥石で磨いて刃を作ります。

また、砥石で全体を磨くと光沢が出ます。

あけた穴に指を通すための紐をくくったら、完成!

早速、稲穂を摘んでみましょう!

思わずたくさん摘んでしまいましたね♪

マイ石包丁、機会があればぜひ使ってください!

 

夏休みの自由研究にもピッタリですよ(^^)v

 

生活の必需品とはいえ、弥生時代の人って

とっても根気があったんだなあと

感心せずにはいられない1日でした(^o^)/

 

 

 

 

 

 

投稿者 | 989edu |
第2回きゅーはく女子考古部〜恒例!太宰府史跡ツアー!〜

先月から活動が始まった女子考古部4期。

第2回目は、博物館周辺の史跡を巡る毎年恒例の…

女子考古部 太宰府

大宰府ツアーです!

女子考古部 太宰府ツアー

気合の入った顧問作のしおりを手に出発!

 

まずは、博物館4階入口の「大宰府のおもかげ」コーナーで、古都大宰府について説明。

女子考古部 太宰府ツアー

古代、大宰府政庁の周りには、水城(みずき)、大野城(おおのじょう)、基肄城(きいじょう)

という山城や防塁がありました。

今回の女子考古部のツアーは、博物館から水城までのコース

散策をするときは、

「今自分たちが、どのあたりを歩いているのかを意識することが大切!考古学の基本です!」by顧問

だそうです(^_^)

 

女子考古部 太宰府ツアー

ゆっくり川沿いから住宅街を巡り、

女子考古部 太宰府ツアー

地元の人にも親しまれているお地蔵さまにも挨拶をして…、

女子考古部 太宰府ツアー

観世音寺に到着です。

地面にたくさんある、平らな石は、「礎石(そせき)」と呼ばれる建造物の柱の基礎となる部分。

礎石から、どのくらいの規模の建物があったかがわかるんですね。

ここには、たくさんのお坊さんが寝泊りした建物(僧房)があったと考えられています。

女子考古部 太宰府ツアー

観世音寺には、かつて五重塔があったといわれ、その心柱の大きい礎石も残っています!

 

つづいて、学校院跡へ。

女子考古部 太宰府ツアー

今はのんびりとしたのどかな風景…。ここは役人や僧侶を養成する施設の跡だと考えられています。

大宰府展示館で、小休憩をとりつつ展示を見せていただいた後…

女子考古部 太宰府ツアー

いよいよ、大宰府政庁跡へ。

女子考古部 太宰府ツアー

この広さに圧倒されますね!(゜o゜)

奥に見える山は大野城跡がある四王寺山です。

政庁の正殿の礎石は、さすがに立派!

女子考古部 太宰府ツアー

 

お次は、発掘調査中の蔵司(くらつかさ)に向かいます

女子考古部 太宰府ツアー

九州歴史資料館が、発掘調査を行っているので通常は立ち入り禁止です×××

なぜ、特別に見学できたかというと…、顧問が以前その調査担当だったから!なのです!

女子考古部 太宰府ツアー

古代大宰府の財源を司った役所の跡と考えられているそう。

女子考古部 太宰府ツアー

顧問が以前発掘調査中に古代の甲冑の欠片見つけた場所です。ドヤ!(^o^)丿

 

ゴールの水城まではあと少し!

女子考古部 太宰府ツアー

筑前国分寺跡は、奈良時代に聖武天皇の命により建てられたお寺跡です。

女子考古部 太宰府ツアー

近くには、国分尼寺跡もあります。

 

5キロちょっと歩いて、ついに水城跡東門につきました!

女子考古部 太宰府ツアー

大宰府の入り口、そして日本初の防衛施設ともいわれる場所です。

巨大な門の礎石は、江戸時代には鬼の硯石とも言われたとか。

女子考古部 太宰府ツアー

歴史ある太宰府を、楽しんでいただけたでしょうか(^.^)

 

今回のコースは、きゅーはく女子考古部顧問のおすすめコースとして

「西都太宰府」のHPに詳しく紹介しています!

他にもいろいろな史跡があるので、ぜひ散策してみてくださいね。

 

そして、待望の「きゅーはく女子考古部HP」ができました!!

今までの活動記録をまとめた冊子も読めますよ♪

次回の活動報告もお楽しみに★

投稿者 | 989edu |
きゅーはく女子考古部4期生 活動開始!

ついに…

きゅーはく女子考古部4期生の活動が始まりました!

女子考古部

さっそく、古墳時代の男性の髪型、「みづら」にチャレンジする部員さん音符

 

今回は、オリエンテーションです!

まずは、前年の3期生の活動を見ていただきました。

女子考古部

活動の楽しさ、伝わったでしょうか一瞬目をつぶった時に、キスしたくなったんだ。歯医者は、インプラントがこわくて行けないのとお金かかるし。でもスースーして話しづらいんだ。いいんだ、><

つづいて、ドキドキ自己紹介です!

女子考古部

応募のきっかけや熱い考古愛を、思い思いに語ってくださいましたきらきら

 

お次は、博物館の科学課職員によるお話です。

テーマは、「博物館の虫って…?」

虫から文化財を守るために、博物館が行っていることなどをご紹介。

女子考古部

意見や質問など発表する部員さん。みなさんとても積極的!

 

お昼を食べて午後からは、バックヤードツアー!

女子考古部

普段お客様が入ることのできない、博物館内をご案内しましたきらきら

 

3Dプリンターがある部屋では部員さんのテンションも上がりました矢印上

机には文化財のレプリカがたくさん!!

女子考古部

実物大の鬼瓦!

 

X線によるCTスキャンの技術もご紹介しました。

女子考古部

どのように全方向から撮影するのか見ていただくため、実際に機械を動かすと

みなさん興味津々のご様子びっくり

バックヤードの後は、そのまま文化交流展ツアーへ!動く埴輪

女子考古部

顧問・副顧問に解説していただきました。

作品用の巨大なエレベーターに乗って、集合場所へ戻ったあとは…

女子考古部

顧問による「考古学入門」勾玉2です。

女子考古部

古墳の楽しみ方や、リアルな発掘の現場について語りました。

 

4期生の部長、副部長も決まり…

女子考古部

今年の部活動で何をやりたいか話していくうちに、リラックスした楽しい雰囲気にきらきら

女子考古部

1年間よろしくお願いします!!

投稿者 | 989edu |
きゅーはく女子考古部番外編 〜みんなで昔の植物を育てよう!

前回に引き続き、番外編レポートですカメラ

 

きゅーはく女子考古部が、今度は植物の栽培に挑戦ですきらきら

昨年より、板付遺跡では弥生時代の遺跡から出土した種子

同じ品種の植物の栽培実験を行っています双葉

 

これは、全国の複数の18箇所の遺跡で植物の栽培実験を行っている

考古学考古植物学をご専門とする大学の先生方との共同事業です。

 

もともと、弥生時代当時の人々の暮らしを研究されている先生が、

板付遺跡の木製農具(出土品から複製)の使用実験を行う予定だったところ、

「せっかく耕すなら、実際に畑で植物を育ててみよう!」

ということでスタートしたそう音符

 

今年度は、毎年活動で板付遺跡にお世話になっている

女子考古部がそのお手伝いをさせていただくことになったのです(^^)v★

 

出土した種子の中には、自然に育った野生種よりも

大きなものが見つかることがあります。

そのような種子が、どのような経緯で野生種よりも成長が進んだのか?

もしかすると、他の種と掛け合わせて品種改良をおこなっていたのか??

などなど、さまざまな疑問を

実際に育てながら検証してみます!

 

勾玉2 〜 動く埴輪 〜 古墳

 

GWを目前に控えたある日の午後、板付遺跡弥生館にて

参加希望の1〜3期部員と先生方、

板付遺跡の山口さん、九博職員でミーティングを行いましたきらきら

 

実験の詳細はというと・・・

 

肥料を撒く畑肥料を撒かない畑で同じ作物を育て、

さまざまな条件を調節しながら

種子の量や大きさなど、育ち方の違いを比較するというもの。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆畑の種類→3種類

◎肥料1:鶏糞(けいふん)

◎肥料2:灰肥(木や草など植物のもの)

◎肥料なし

 

◆植物の種類→6種類

※板付遺跡、または関東以西の遺跡で出土したもの

◎ツルマメ(大豆の原種)

◎ヤブツルアズキ(小豆の原種)

◎イヌビエ(ヒエの野生種、イヌビエを栽培化したものがヒエ)

◎シソ

◎エゴマ、レモンエゴマ

◎マクワウリ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

実際に、昨年先生方が育てたものをみせていただきました!

上からそれぞれ鶏糞、肥料なし、灰肥のみの畑で育てたツルマメの種子です。

写真では分かりづらいですが、種子の大きさは

鶏糞 > 肥料なし > 灰肥のみ

となりました!意外にも、肥料として灰肥を撒いた畑よりも肥料がない畑の方が

種子は大きくなるようですびっくり(一概には言えませんが…)

 

このように、種子の大きさ以外にも

実る種子の数 背丈、葉の大きさ など、

いろいろな要素について調べていきます。

 

どんな違いが現れるのでしょうか??

気になりますね目電球

 

ツルマメのほかにも、

↑シソの一種や

↑エゴマなどを見せていただきました!

ゴマみたいに小さなつぶつぶです。

今年はどんな種子がなるのでしょうねチューリップ

 

一通りミーティングが終わったら、さっそく畑作りおんぷ

 

竪穴住居(復元)がある遺跡の中に、

すでに鶏糞と灰肥で分けられた麦畑が作られていました。

育った麦の大きさを、スコップをものさし代わりにして比べてみると・・・

おや?同じスコップですが、麦の背丈が全然違いますねびっくりびっくり

上の畑が灰肥をまいた畑、下の畑が鶏糞をまいた畑です。

こんなに差があるとはおどろきです・・・き

 

この2つの畑と、肥料なしの畑を使えるよう、

みんなで協力して耕しました(^o^)/★

根をしっかり張った大きな草を抜いたり、

カチンコチンの土を掘り返す作業はなかなかの重労働です汗

 

でも、やり始めるとハマっちゃう時々ウインクペコちゃん★

スコップの大きさが、体とあまり変わらないかも??

小学生部員も一生懸命耕してくれていますheart

 

そんなこんなで、みんなで力を合わせた結果

土がしっかりほぐれた状態になりましたにこにこ

これから、もっと畑らしく整えていきます!

 

古代農園第1回目はここで終了です。

さてさて、どんな畑になっていくのか楽しみですねきらきら

投稿者 | 989edu |
きゅーはく女子考古部4期生 大抽選会!!

今年もこの時期がやってまいりましたびっくり

動く埴輪動く埴輪 きゅーはく女子考古部4期生 大抽選会 動く埴輪動く埴輪

4期の応募はなんと61名びっくり

募集は5月6日(日)に締め切らせていただきました。

たくさんのご応募ありがとうございましたおうかん

今年度は、大宰府が専門のきらきら新顧問きらきらをおむかえしました音符

そこで、顧問とマネは大宰府にゆかりのある菅原道真公がいた

奈良時代末期〜平安時代初期の役人&婦人

の衣装を身にまとって抽選!

 

真剣に引きましたびっくり

この中から20組24名の新部員が決定きらきら

今期はどんなメンバーになるのか楽しみです〜矢印上はーと

 

動く埴輪4期の活動もブログで発信していきますので、お楽しみに動く埴輪

投稿者 | 989edu |
きゅーはく女子考古部 番外編〜古代を味わう!

きゅーはく女子考古部は毎月の活動以外に

OB部員と現役部員の合同企画として

番外編を実施しています。

今回は現役部員はまだいないので

1〜3期生の有志で古代食の勉強会に行ってきました矢印上

(主催:身近な歴史お話会)

 

場所は西鉄二日市駅から歩いて10分ほどのところにある

イタリアイタリアンレストラン「ポルタータ」さん。

 

↑メニュー

イタリアンレストランなので、イタリア風にアレンジしてあります。

 

まずは、講師の清原倫子氏より古代の食材について

詳しく教えていただきました音符

味付けは塩や酢、醤(ひしお、大豆から作る調味料)程度なので

素材の味が際立ちますにこにこ

赤米のリゾット風

古代のお米は主に赤米だったらしいです稲稲稲

今回は玄米と生姜をアクセントに使っています。

食感もバツグンです手

根野菜(れんこんれんこん、たけのこ竹の子、大根大根、里芋里芋、ふきふき)と椎茸きのこの蒸し煮風

当時からあったと思われる野菜を使っています。

豚肉のグリル 山椒の香り

本当は鹿を使いたかったそうですが、鹿肉の入手が難しかったため、今回はぶた豚。

弥生時代に大陸から家畜のブタが入ってきたと言われていて

これが「弥生ブタ」と呼ばれているそう。

鯛と魚介のアクアパッツァ風

当時は水煮だったそう。

貝からいい出汁が出ています。

小麦の素焼き はちみつ添え蜂 & 芋粥のデザート

はちみつは古代からあったらしい。

そして驚いたのが芋粥。

サツマイモかと思いきや、なんと山芋だったのです。

当時は芋といえば里芋か山芋だったとか。

サツマイモとジャガイモは江戸時代以降、日本に伝わったものとのこと。

 

古代の甘味料は「あまづら」という高級食材びっくり

「あまづら」とは、ツタの樹液なのですが、

まず、その樹液を集める作業がとても大変!

しかも、大量のツタからちょびーっとしかとれないのです水

あまづらの入手ができなかったので、今回はシロップを使ったそうです。

古代からあったとされるゆずの果汁入り。

 

あっさりめの味付けで、どれもとてもおいしかったです!

今回は2期生と3期生のみなさんが来てくれました!

 

そして、なんと「ポルタータ」の敷地内に古代の道の跡が!

これは大宰府政庁からまっすぐ南に伸びていた朱雀大路の側溝の跡なんです。

「ポルタータ」で古代食、納得です。

 

古代に浸る一日でした手

 

投稿者 | 989edu |
きゅーはく女子考古部 4期生募集開始しました!

女子考古部4期生募集チラシ

4月になりましたね桜

春は別れと出会いの季節。

今日から新しい職場という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そして、4月といえば、

「きゅーはく女子考古部」の新部員募集の時期でもあります動く埴輪

 

昨日、4月1日からきゅーはく女子考古部4期生の募集が始まりました拍手

少しでも考古学に興味がある女子は、こちらのサイトから応募してくださいメール

 

マネージャー

 

きゅーはく女子考古部ってどんな活動をしているの?

と思った方は九博のブログ「九博界隈」をご覧ください!

 

たくさんの応募をお待ちしていま〜す!

投稿者 | 989edu |
きゅーはく女子考古部presents 古代の宴へようこそ!(後編)

3月3日におこなわれた

きゅーはく女子考古部presents

「古代の宴へようこそ!」

の様子を前編に引き続きご紹介します動く埴輪

 

 どんぐりビンゴ 

古代食の活動を通じ、アクが少なくておいしいどんぐり

見分けられるようになった3期生どんぐり

ワークシートを使って、お客さんにもどんぐりの種類や

その違いをレクチャーしました!

シートにどんぐりの違いを書き込んだあとはビンゴに挑戦グッド

シートに描いてあるどんぐりのイラストを、

別のシートに好きな順番で貼り付けて、ビンゴ用紙を作ります。

部員が土器から取り出したどんぐりの種類が揃ったらビンゴですきらきら

 

ワークシートには、どんぐりの粉で作るクッキーのレシピも掲載!

参加者のみなさんも、秋になったら

どんぐりをたくさん拾って食べてみてくださいねどんぐりハート

 

 鹿角アクセサリー作り 

日ごろ、鹿の角を目の前で見る機会はあまりないですよね!

ということで、お客さんと一緒に、レッツ鹿角アクセサリー作り星

まずは、部員による鹿角アクセサリー講座。

縄文時代の鹿角のアクセサリーのこと、

角の切り方や髄の取り方を説明します。

では、早速作ってみましょう動く埴輪

最初に角を切ります。

角の硬さに苦戦ぎみでしょうか?

髄は角のとがったところで取り除きます。

やすりで周りの表皮をごりごり削る!

穴が開いて、表面が白くつるっとしたら加工完了です!

お配りした麻紐を通して自分だけのアクセサリーにきらきら

参加者のみなさん、作業に没頭して時間を忘れているようでした音符

 

 劇「晴れ乞いの宴」 

3期生の宴のフィナーレはなんと

脚本・音楽・演出、すべて部員オリジナルですびっくり!!!

 

〜 あらすじ 〜

ここは古代のとある村。

最近は雨が続き、狩りも料理もままなりません。

うんざりした主人公は、村の巫女「ひろ子さま」のところへ相談に行くと、

ひろ子さま(中央)に「太陽を呼び出すための宴をせよ。

と告げられ、村人たちと協力して宴の準備をする…というストーリーです。

 

まずは食事の用意を村人たちにお願いし、

また別の村人たちに食材の調達のために狩りを依頼。

華やかに装うためのアクセサリーを受け取り、

古墳へお参りを・・・と思ったら、

物陰から顧問扮する古墳先生(左)が

うんちくを語りだす場面もにやにや(笑)

これで準備OK星

準備が整ったところで、巫女「ひろ子さま」が登場!

宴のはじまりとともに、部員オリジナルの音楽と「古代ダンス」を

みんなで披露しましたきらきら

会場のお客さんも一緒に踊ってくれました〜ダンスハート

楽しい宴になったおかげで

太陽が・・・太陽きらきらきらきら

めでたしめでたしおんぷ

 

演劇に歌、ダンスと盛りだくさんのフィナーレを迎え、

会場との一体感が生まれていましたチューリップこれぞ、宴!ですねきらきら

 

1年間の活動がぎゅぎゅっと詰まった宴でした音符

これにて、女子考古部3期生の活動は終了です。

アグレッシブな活動をしてきた部員のみなさま、

本当にお疲れ様でした〜!!

これからも、みなさんなりに考古学を楽しんでくださいねハート

 

そして、きゅーはく女子考古部は来年度も4期生の部員を募集します!

募集開始は4月1日からですきらきら

詳しくはコチラ→http://www.kyuhaku.jp/news/news-180303.html

 

たくさんのご応募、お待ちしてま〜す動く埴輪ハート

 

 

 

 

投稿者 | 989edu |
きゅーはく女子考古部presents 古代の宴へようこそ!(前編)

きゅーはく女子考古部3期生の最後の活動であるイベントが

3月3日(土)に九博のミュージアムホールで行われました!

その名も・・・

きゅーはく女子考古部presents

古墳古代の宴へようこそはにわ

一年間の活動を通じて学んだおんぷ考古学の楽しさおんぷ

一般のお客さまにも知っていただくために、

ワークショップ体験コーナーなどを部員が企画しました電球

いたるところに3期生らしいアイデアが盛りだくさん♪

どんな宴になったのか、ここで一挙にご紹介!

ボリュームたっぷりなので、前編と後編に分けてお送りします*

 

 クイズ&スタンプラリー 

活動にちなんだ古代クイズを各ブースで出題!

染物のクイズでは、体験したベニバナイボニシ貝以外にも、

くさぎクチナシなどで染めた布も展示♪

答えるだけで古代の豆知識が身につきますよ音符

 

また、会場内に設置した部員お手製のスタンプを3個以上ゲットすると・・・

3期生デザイン☆オリジナル缶バッジをプレゼント(^o^)/

ちなみに、来場者アンケートにお答えいただいた方には

違う模様の缶バッジと、部員お手製のポケットティッシュケースをプレゼント星

缶バッジは直弧文や銅鐸など、古代感満載のラインナップでしたわらびて

 

 古代の服を着て写真を撮ろう! 

弥生人の衣服である「貫頭衣」や、古墳時代の衣装を着て

写真撮影ができるコーナーですカメラ

部員と一緒に衣装を選んで変身★

頭につけるみずら島田まげで古代の髪形も再現!

可愛らしいカラフルな埴輪や、インスタ風パネルは

女子考古部ならではですねハート

背景は福岡県朝倉市にある平塚川添遺跡

竪穴式住居がある風景で、衣装にもぴったり!

友達同士や親子連れなど、常ににぎやかな声が聞こえていましたおんぷ

 

 古代おみくじ 

活動で訪れた遺跡や古墳のうち、

・大宰府政庁跡

・王塚古墳

・吉野ヶ里遺跡

・板付遺跡

・東名遺跡

の5箇所をおみくじ風にご紹介!

きゅーはくの3Dプリンタで再現した弥生土器から引いちゃいますペコちゃん星

運勢が大吉・中吉・小吉・吉まで占えますきらきら

各遺跡にちなんだ開運のひけつも見ごたえアリハート

 

 古代不動産 

一見、不動産の物件紹介チラシに見えるこちらは・・・

なんと遺跡や古墳の紹介をしています!

設備や内装の特徴をキャッチーに表現!

とってもユニークですね〜ニコッ

じっくり見入ってる方がたくさんいらっしゃいましたきらきら

竪穴式住居のモデルルームも設置家

靴を脱げば中に入れます太陽

なかなかくつろげるんですよ(^^)v

 

 古代ハンター認定試験&石器展示 

部員&顧問お手製の弓矢で古代の狩りの難しさを体験!

屋外で猪いのししや鹿鹿をめがけて矢を飛ばします。

顧問と部員によるデモンストレーションののち、

いざ!

 

狩りの難しさ、体験していただけたでしょうかニコッ

 

ホールでは部員が活動で作った石器も展示しました!

その切れ味を体験してもらうため、石器で紙を切る体験も電球

思った以上の鋭さに、お客さんも驚いていたようですにこにこ

 

 古代マグネット作り 

こんなにかわいいマグネットも作りました!

もちろんモチーフは古代わらびて

埴輪や鏡、ゆぎ(矢をいれるもの)、双脚輪状文など

ここでしか作れないものばかりですエクステンション

 

作り方はとっても簡単!

石膏(粉末)と水をよく混ぜて流し込み

乾かして固まったら、型から取り出して

マグネットを貼り付けて完成ですonpu03

みなさんキレイな仕上がりでしたきらきら

ぜひ使ってくださいね〜はーと

 

ではでは前編はこのへんでばいばい

後編もお楽しみに!!

投稿者 | 989edu |
ページ: 1/6   >>