* We have blog posts in 4 languages! They can be viewed in the "Cultural exchange reports" category.

<Cultural exchange reports> 게시판에서는 블로그 기사를 4개 국어로 게재하고 있습니다.

本博客有中文投稿内容,详情请看 Cultural exchange reports

投稿記事: メイン記事  << >>
三国志!!!!!!!−三国志展の動物たち−
いよいよ、会期も残り少なくなってまいりました。皆さまはもうごらんになりましたか?
10月1日から九州国立博物館3階特別展室において開催中の特別展「三国志」!

 14世紀に作られた「物語としての三国志」(『三国志演義(さんごくしえんぎ)』)のもとになった、約1800年前の中国(後漢時代〜三国時代)。
 魏(ぎ)・蜀(しょく)・呉(ご)の3国が並び立ち、曹操(そうそう)や劉備(りゅうび)、孫権(そんけん)などの武将が大活躍していた、まさにその時代の出土遺物を一堂に集め、実際に使っていた武器や墓に納められた副葬品などから、リアルな三国志の姿を復元しようという、意欲的な展覧会です。

 今回の三国志展、実は動物たちがあちこちで魅力的なんです!!というお話、今回は3回目でっすよ〜♪


 えっ? しつこいって? そろそろ飽きてきたって?
 いやいや、そんなこと言わないでくださいよ。まだ紹介していない魅力的な動物たちが、展覧会場にはたくさん隠れているんですから!!

 とはいえ、さすがに3回目というのはやりすぎかもしれませんね…
 今回で一応、動物シリーズは最後にしておくことにしましょうか。



 気をとりなおして。
 さて、動物シリーズの最後を飾るのはやっぱり、三国志の時代には欠かせない、この子たち…



 そうです。「馬」!

 三国志の時代、ひろい中国大陸を駆けめぐる武将たちが乗ったのは、馬でした。
 戦場において、主人をそのたくましい背中に乗せ、ともに敵と戦う頼りがいのある相棒、馬。

 前漢(ぜんかん)末期の梟雄(きょうゆう)、呂布(りょふ)の愛馬である「赤兎馬」(せきとば)、
 ごぞんじ魏(ぎ)の曹操(そうそう)の愛馬である「絶影」(ぜつえい)、
 蜀(しょく)の初代皇帝、劉備(りゅうび)の愛馬であった「的盧」(てきろ)などは、
 いずれも、正史「三国志」にその名が残された名馬であり、ファンならずともその名を聞いたことがあるかもしれません。

 馬の名前が正史に残ってるの!? と驚いたあなた。私も同じ気持ちですよ!!
 だって、これ、日本なら弥生時代の話ですよ!?


 ああ、これは以前の記事でもやったネタでしたっけ…

 ま、まあ、それだけ、三国志の時代、馬というのは特別な意味を持った動物だったということなんでしょう。気を取り直して、「三国志」展の中の馬たちを紹介していきましょう。

 まずはこちらから。
 『三国志演義』を紹介するオープニングに登場するのは、趙雲(ちょううん)が馬に乗って駆ける姿を彫った木像。
DSC_1686.JPG

 蜀の劉備の部下であった趙雲。
 曹操と劉備とが戦った長坂坡(ちょうはんは)の戦い(建安13年、208年)で、劉備軍は敗走します。
 このとき、劉備の奥様である甘夫人(かんふじん)と、劉備の子でのちに蜀の第2代皇帝となった劉禅(りゅうぜん、幼名:阿斗/あと)を、趙雲が戦場から救い出します。
 『三国志演義』によれば、趙雲は決死の覚悟で単騎、戦場に駆けもどり、阿斗を抱きかかえるや、着ていた鎧の前合わせをひろげ、阿斗をそこに抱きかかえて、馬を駆って戦場を脱出したといいます(ブログの中の人も大好きなエピソードです)。
 その姿を見事に描き出したこの「趙雲像」(ちょううんぞう)、17〜18世紀頃、清(しん)時代につくられた傑作ですね!

 次にご紹介するのはこちら。動物シリーズ第1回目でもとりあげた、「儀仗俑」(ぎじょうよう)。

 躍動感あふれる馬に乗った騎兵を先頭にした、貴人の行列を造形したこの作品、何しろ馬の表情が迫力満点!

 会場で儀杖俑の近くに展示されているこちら、「多層灯」(たそうとう)は、灯りをともすための台としては実にりっぱなものですが、こちらにもたくさんの馬が表現されています。
DSC_1512.JPG

 その姿、あたかもメリーゴーランドのよう!?
 えっ? この写真じゃなにがなんだかわからないって? そういう方はぜひ会場にお越しください! 迫力満点ですから。

 ふりそそぐ矢のコーナーの下あたりに展示されているこちらの作品、その名も「武士出征像」(ぶししゅっせいぞう)。
DSC09760.JPG
 これから出征する兵士が、馬にのり、環頭大刀(かんとうたち)を佩(は)いて(身に着けて)います。馬は足をつっぱり、口をあけて、今にもいななこうとし、それをおさえるかのように左右の従者が馬のくつわを持っています。

 お墓にも馬の姿は描かれました。
 3世紀ころの魏の墓に描かれた壁画をうつした、「北園1号墓壁画模写」(ほくえんいちごうぼへきがもしゃ)。
DSC09761.JPG

 馬車とそれを護衛する騎馬隊を躍動的に描き出しています。

 三国歴訪 蜀のコーナーにも、躍動的な姿の馬を描いた作品が。「車馬出行図塼」(しゃばしゅっこうずせん)も、2頭立ての馬車と騎乗した従者の姿を生き生きと表現した作品。
DSC_1478.JPG

 塼(せん、つちへんに「専」)とは、床や地面に敷いたり、壁に貼ったりするレンガのような焼き物のこと。踏みつけちゃうのがもったいない出来栄えですよね!?

 そのすぐ近くにあるこちら「金馬書刀」(きんばしょとう)。
SKM_C45819121315280.jpg

 これは実物が小さすぎて会場では拡大写真を見てもらわないとわからないのがちょっと残念ですが、見事な象嵌(ぞうがん/金属に別の金属を埋め込む)技術で馬を表現しています。ちなみに、「書刀」とは、字を書くための木簡や竹簡をけずるための小刀のこと。現代の消しゴムに相当する筆記具で、当時の役人には必須のツールでした。

 またまた登場、中国南部から東南アジアにかけて広くお祭りで使われたとされる「銅鼓」(どうこ)。
DSC_1705.JPG

 銅鼓の上には、以前ご紹介したユーモラスなカエルと並んで、馬に乗った人物が造形されています。

 こちらも再登場組、「神亭壷」(しんていこ)。
DSC_1702.JPG

 ちょっと目立たない位置ですが、やっぱり騎馬人物がえがかれています。

 そしてこちら。
DSC_1513.JPG

 ん? よくみるとこれは・・・  馬じゃない・・・ 象(ぞう)じゃないか!!
 「騎象俑」(きぞうよう)は後漢(ごかん)時代(2世紀ころ)の作。ライオンに象、後漢の人たちはいろんな動物に接していたんですね。間違えちゃいました(テヘッ)


 いかがですか?
 三国志の時代の人々がいかに馬に親しんでいたかが分かりますね。
 しかも、ほとんどが騎馬、または馬車をひく姿であらわされています。当時の馬と人々の生活のかかわりがよくあらわれている、これらの作品たちにあいに、「三国志」展、足を運んでみてはいかがでしょうか?

 特別展「三国志」は、九州国立博物館3階特別展室にて来年1月5日(日)まで開催中です!
 会期末が近づいてきています。まだご来場されていないそこのあなたも、何回か行ったけどまだまだ見たりないというそこのあなたも、ぜひ九博までお越しくださいませ!




投稿者 | 989tenji |