古代衣装&竪穴住居組み立て体験レポート!Back to the KODAI

5月のGWが、あっという間に過ぎ去ってしまいましたね葉

博物館でも、楽しいイベントが目白押しでした!

今回は、その中の

古代衣装&竪穴住居組み立て体験「Back to the KODAI」のイベントをご報告します!

古代衣装

このイベントは、5月3、4日の2日間、博物館のエントランスで行われました。

竪穴住居の組み立ては、朝早くから、小さなお子様からお父さん、お母さんまで、たくさんの皆さまに参加していただきました!

今回建てた竪穴住居は、朝鮮半島から日本に伝わってきた「松菊里型(しょうきくりがた)といわれる住居です。実物の1/2の大きさです。

竪穴住居

柱がたくさん。これを上手に組み合わせて、ヒモで結び、

竪穴住居

完成です!!1時間半くらいで出来上がりました!

中に入ったり、外から写真を撮ったり…

皆さま、思い思いに楽しんでいただけたようで、嬉しいかぎりですきらきら

 

古代衣装体験のほうは、今回新しい衣装がお披露目されました!

古い時代の衣装から、ご紹介します☆

まずは、おなじみの貫頭衣(かんとうい)。

頭から布を被り、腰ひもを結ぶ衣服です。

お揃いで着ていただきました!

古代衣装

とても良く似合ってます〜!男性の髪型「みづら」もかっこいい!星

 

つづいて、古墳時代の衣装です。

この衣装は、古墳時代の埴輪を参考にして作りました。

古代衣装

男女の衣装をお二人で着ていただきました!並んでいただくと、また素敵ですね〜!

女性は巫女形の埴輪を参考にしています!お美しいですね!キラキラ

古代衣装

ご夫婦で着ていただきました!

お子様もご一緒に☆かわいいです!古墳時代の仲睦まじいご家族ですね!仲良し

 

そして…いよいよ、出来立てほやほやの衣装。

奈良後期〜平安初期(菅原道真公の時代!)です!

男性は、文官朝服(ぶんかんちょうふく)という役人の衣服、

女性は男性と同等の女官朝服(にょかんちょうふく)という衣服を参考に作りました。

この時代はまだ、唐の雰囲気が感じられます。

古代衣装

ご家族で記念写真☆

小さなお子様でも、着ることができました!「かわいい!」とスタッフに大人気でしたえへ

古代衣装

衣装体験ラストのお客様に二人で着ていただきました!並ぶとさらに華やかでとても良いです!花

 

奈良後期〜平安初期の衣装は大人気で、お客様をお待たせすることになってしまい、申し訳ありませんでした。

こんなに大変な服を、古代の人は着ていたんですね。

着付けの出来るボランティアさんは、着せるのがとても速くて大変助かりました!

 

参加してくださった皆さま、ありがとうございました!

このようなイベントを行う際には、九博HP、Twitterなどで告知いたします!

今後もよろしくお願いします拍手

投稿者 | 989edu |
きゅーはく女子考古部4期生 大抽選会!!

今年もこの時期がやってまいりましたびっくり

動く埴輪動く埴輪 きゅーはく女子考古部4期生 大抽選会 動く埴輪動く埴輪

4期の応募はなんと61名びっくり

募集は5月6日(日)に締め切らせていただきました。

たくさんのご応募ありがとうございましたおうかん

今年度は、大宰府が専門のきらきら新顧問きらきらをおむかえしました音符

そこで、顧問とマネは大宰府にゆかりのある菅原道真公がいた

奈良時代末期〜平安時代初期の役人&婦人

の衣装を身にまとって抽選!

 

真剣に引きましたびっくり

この中から20組24名の新部員が決定きらきら

今期はどんなメンバーになるのか楽しみです〜矢印上はーと

 

動く埴輪4期の活動もブログで発信していきますので、お楽しみに動く埴輪

投稿者 | 989edu |
きゅーはく女子考古部 番外編〜古代を味わう!

きゅーはく女子考古部は毎月の活動以外に

OB部員と現役部員の合同企画として

番外編を実施しています。

今回は現役部員はまだいないので

1〜3期生の有志で古代食の勉強会に行ってきました矢印上

(主催:身近な歴史お話会)

 

場所は西鉄二日市駅から歩いて10分ほどのところにある

イタリアイタリアンレストラン「ポルタータ」さん。

 

↑メニュー

イタリアンレストランなので、イタリア風にアレンジしてあります。

 

まずは、講師の清原倫子氏より古代の食材について

詳しく教えていただきました音符

味付けは塩や酢、醤(ひしお、大豆から作る調味料)程度なので

素材の味が際立ちますにこにこ

赤米のリゾット風

古代のお米は主に赤米だったらしいです稲稲稲

今回は玄米と生姜をアクセントに使っています。

食感もバツグンです手

根野菜(れんこんれんこん、たけのこ竹の子、大根大根、里芋里芋、ふきふき)と椎茸きのこの蒸し煮風

当時からあったと思われる野菜を使っています。

豚肉のグリル 山椒の香り

本当は鹿を使いたかったそうですが、鹿肉の入手が難しかったため、今回はぶた豚。

弥生時代に大陸から家畜のブタが入ってきたと言われていて

これが「弥生ブタ」と呼ばれているそう。

鯛と魚介のアクアパッツァ風

当時は水煮だったそう。

貝からいい出汁が出ています。

小麦の素焼き はちみつ添え蜂 & 芋粥のデザート

はちみつは古代からあったらしい。

そして驚いたのが芋粥。

サツマイモかと思いきや、なんと山芋だったのです。

当時は芋といえば里芋か山芋だったとか。

サツマイモとジャガイモは江戸時代以降、日本に伝わったものとのこと。

 

古代の甘味料は「あまづら」という高級食材びっくり

「あまづら」とは、ツタの樹液なのですが、

まず、その樹液を集める作業がとても大変!

しかも、大量のツタからちょびーっとしかとれないのです水

あまづらの入手ができなかったので、今回はシロップを使ったそうです。

古代からあったとされるゆずの果汁入り。

 

あっさりめの味付けで、どれもとてもおいしかったです!

今回は2期生と3期生のみなさんが来てくれました!

 

そして、なんと「ポルタータ」の敷地内に古代の道の跡が!

これは大宰府政庁からまっすぐ南に伸びていた朱雀大路の側溝の跡なんです。

「ポルタータ」で古代食、納得です。

 

古代に浸る一日でした手

 

投稿者 | 989edu |
ページ: 2/302  << >>